高齢者福祉施設をつくる。

会議室・多目的室

さまざまな用途で使われるこの空間は、可動性が最も大切。外部の方をお呼びする場合には、施設全体の印象にもつながるため、見た目や手触りにも配慮したいですね。

セッティングにムダな時間をとられていませんか?

問題提起イラスト

コクヨのココロソリューション

  • 聴講パターン(多人数)

    イメージ

    大勢の人が集まる講演などに最適です。使わないときは重ねて置けるスタッキングチェアーがおすすめです。

  • 聴講パターン

    イメージ

    聴講時に資料を見たりメモを取る場合のレイアウト。机の定位置の目印を床のデザインにとけこませると、縦横をそろえる際に便利です。

  • 多目的パターン

    イメージ

    可動間仕切りを設置すれば、1つの空間を多目的に活用することができます。