病院をつくる。

医局

気持ちよく仕事ができる空間は、人のモチベーションを高めます。
医局は、はかどりを考慮した執務環境や、心身のリフレッシュができる機能に加え、近年ではチーム医療をリードする医師たちによる、部門を超えた交流を促す環境づくりへの関心が高まっています。
私たちはそのような活力を生む医局空間をご提案します。

執務に集中できていますか?

隣の席が気になって、すこしも集中できない。量が多すぎて、本や論文が収納に入りきらない。

こうして解決!

仕切られた空間で集中環境を確保したり、上部の空間を使って一人あたりの収納量を増やすことで、
限られたスペースの中で必要座席を確保しつつ、快適な執務環境を構築できます。

  • 集中環境確保

    イメージ

    パーソナルスペースを確保するため、パネルを用いてレイアウト。

  • 収納効率向上

    イメージ

    個人の収納量を確保するため、書架付きデスクでレイアウト。

空間の使い分け、できていますか?

カンファレンスと休憩する場所が一緒だと、なんだか気まずいなあ。

こうして解決!

目的により場所やしつらえを明確に分けることでリフレッシュできるようにする方法や、
あえて執務エリアに隣接してラウンジスペースを計画し、偶発的な交流を促す方法があります。

  • リフレッシュ

    イメージ

    食事や休憩など、くつろいで過ごすことを目的とした空間を設けます。

  • ラウンジ

    イメージ

    執務スペースの数カ所に、気分を変えて会話ができるラウンジスペースを構成。

  • ラウンジ

    オープンミーティング

    人数増減や目的に応じて動かしたり、組み合わせたりできるテーブル、イス等をレイアウト。