ホテル カンラ 京都

 「ホテル カンラ 京都」は教育施設のコンバージョンから生まれました。
 プロジェクトの目的は「不動産の有効活用」。京都という立地にふさわしい活用方法のコンサルティングから企画・設計・空間デザイン・施工・家具・経営・運営までの全過程をコクヨファニチャーにて担当しました。


 コンセプトは、京都の歴史が育んできた「美」・「伝統」・「おもてなし」など、その文化の奥にある人々の知恵や想いに触れ、思いがけない「気づき」と「学び」が生まれる楽しさを感じられる「エデュテインメントホテル」。空間デザインは既存の建物を極力活かすという点を逆に生かし、細長い空間となった客室には京都の伝統的な住宅形式である京町家の考え方を取り入れた"マチヤスタイル"に。ロビーやレストランは、クリエイターとのコラボレーションにより、季節や時間、音や人の動きによって照明が変化するインタラクティブアートを取り入れ、和の要素と組み合わせることによって、斬新な空間が創り出されています。
 また、既存の建物を再利用したコンバージョンという手法、LED照明による消費電力の削減、ソーラーパネルの採用などから、環境に配慮した事業として国土交通省が管轄する省CO2推進事業実施支援室の「建築物省エネ改修推進事業」としての認定も受けています。


 京都ならではの特性を生かしたおもてなしの空間と環境への配慮を兼ねそなえた、今までにないスタイルのホテルです。

Review

Designer:太田 裕也[Hironari Ohta]

太田 裕也[Hironari Ohta]

 ホテルとしての全体コンセプトをブレイクダウンした時、空間や家具という領域で「何を表現すべきか」、自問自答を繰り返しました。そして、それを「どう実現するか」を考えた時、「妥協点の発見」ではなく「新手法の模索」に力を注いだことで、社会全体に対し、常識を揺るがすメッセージを発信することが出来ました。
 各領域でプロジェクトメンバーがこだわりや誇りを醸成し、時には自身の領域や既成概念を越え挑戦し続けたからこそ、力強い価値を生むことが出来たと感じています。是非ご体感下さい。

Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]

DESIGNER:鹿野 喜司[Hisashi Kano]

 「EDUTAINMENT HOTEL」というホテルでの過ごし方を提案するメッセージ性の高いプロジェクトであり、そのために設計担当として「この施設の価値をどう高めていくか」ということを常に意識していました。既存の制約で不利になる要素がある中で、長屋形式の客室や外部の要素を取り入れたアプローチなどデザイン面で解決していきました。
 企画・運営メンバーと一体となって議論を重ねていくことで、コンセプトを実現する唯一無二のホテルになったのではないかと思います。

その他の納入事例

ページTOPへ戻る