Ecology Furniture 国産材(間伐材)家具

  • 間伐材とは
  • 地域材への取り組み
  • 商品情報
  • 納入事例
  • お問合わせ
国産材(間伐材)を使うことで、オフィスも森林も元気になる。
日本の国土面積の約67%を占める森林は、土砂の流出防止や水源涵養と呼ばれる保水機能、CO2の吸収作用などの役割を果たしており、再生産可能な資源でもあります。しかし、その中の約4割に当たる人工林の多くは、間伐などの手入れが遅れ、前述のような森林の多面的機能が発揮できずにいます。コクヨはオフィスで積極的に国産材(間伐材)を使うことにより、新しい木材需要を喚起するとともに、森林と生きる持続的社会の実現を後押ししたいと考えています。

間伐材とは

木を育てる、間伐という仕事

「間伐」とは、良質材の育成を目的に生育をさまたげる木を抜き伐りすること。適正に間伐された森林は、樹間から光が差し込み、残った木の生長を促すとともに下層に広葉樹や草を発生させ、森林の多様性をもたらすのです。

間伐前と後

日本の森林の問題点

需要の減退による手入れ不足
日本の森林が荒れつつある原因のひとつは、外国産の木材との競争による需要の低下です。国産材の木材価格も下落し手入れができないという悪循環に陥っています。
利用の伸び悩み
以前はさまざまな用途で使われていた間伐材。しかしスチールや樹脂などの代替品に取って代わられ、更に主伐の木材も生活スタイルの変化によって利用率が低下してきました。
林業従事者の高齢化
間伐遅れは、林業従事者の高齢化にも原因があります。林業が産業として成立するべく木材市場を拡大させ、路網等のインフラを整備し若者が林業に従事したいと思わせる取り組みが急務です。

地域材への取り組み

森林をめぐる環境の好循環

コクヨはオフィスを「都市の中の森」にするべく、国産材(間伐材)で家具づくりを進めています。木材には炭素を固定する機能があり、その材を多く使うことは温暖化防止にも貢献します。また、木材は使い込むと風合いを増し、使うたびに木のぬくもりを感じ、年を重ねるごとに独特の風合いになります。オフィスの日常が日本の森と繋がっています。

間伐材を積極的に使うことで解決

加工技術の向上
主に間伐材として市場に出てくるヒノキや杉は針葉樹。少し柔らかく、傷がつきやすいのですが、加工技術や塗料の技術開発が進み、家具にも活用できるようになりました。
国産材(間伐材)を市場に
加工手段の多様化や森林に対する社会の関心が向上するとともに、徐々にではありますが市場で流通する商品として新たな利用段階に入りつつあります。
カタログをご希望の方はこちら 商品に関するご相談・お問い合わせはこちら