KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. 製品 > 
  3. オフィスチェアー > 
  4. Avein

快適性を追求してたどり着いた「空気の流動性」新しいフィット感が、あなたの感性を刺激します。

コンセプト-「有機的」

Air vein-アヴェイン近年、多様化と細分化が進んだオフィス環境のニーズに、様々な部分を調整することができる多機能な「機械」として応えてきたオフィスチェアー。
この「機械的な制御」によって得られてきた快適性の進化の先には、もっと人に寄り添うような「有機的な制御」があるのではないかと考え、「空気の流動性」という答えにたどり着きました。
自然界に存在する「空気」を素材として採用したり、やわらかみのあるスタイルなど、基本コンセプトから機能、フォルムまで一環した「有機的」な思想に基づき、山中俊治氏とのトータルなコラボレーションによってAveinは開発されました。

Air vein-アヴェイン

山中俊治氏プロフィール

1982年東京大学工学部卒業。日産自動車デザインセンターを経て、1987年独立。1991年より東京大学助教授を務め、1994年リーディング・エッジ・デザインを設立し現在に至る。2008年より慶應義塾大学教授。幅広く工業製品をデザインする一方、ヒューマノイド・ロボットや8輪ロボットカーなどの先端技術研究に携わり、Suica自動改札機の開発では、実用化のキーパーソンとなった。2004年毎日デザイン賞受賞。2007年、2008年コクヨデザインアワード審査委員長。

ページTOPへ

独自開発のエアクッション

Aveinには背の上下、座の前後に人の体に適した形状のエアクッションを配置し、背座それぞれが連結されています。 連結されたエアクッション間は、座る人の姿勢の変化に応じて空気が流動し、最適に体圧を分散させます。また、エアクッション間には空気の流動スピードをコントロールするバルブを備え、ストップから開放まで無段階にフィーリングを変化させることができます。
独自開発のエアクッション
座の流動|背の流動|体圧分散性能

座の流動

前後の体重移動に応じて、エアクッションが追随します。空気の流動スピードを調整することでお好みのフィーリングが得られます。また、前傾姿勢で作業をしたい場合には、前から後ろに空気を移動させた状態で、流れを止めることで安定した姿勢を保つことができます。

背の流動

背中の動きに応じて上下のエアクッション間を空気が流動し、姿勢に追随します。 また、流動スピードを無段階に調整することで、最適なサポート感を得ることができます。

座の流動|背の流動|体圧分散性能

優れた体圧分散性能

Aveinは空気の流動により優れた体圧分散性を発揮します。荷重の集中を和らげるだけでなく、個人の体型に合わせてフィットし、快適な座り心地を提供します。

ページTOPへ

基本情報

ページTOPへ


ラインアップ

  • ヘッドレスト付きタイプ

    • 本革 ヘッドレスト付きタイプ|本革タイプ拡大CR-G2023LQB6-W・V
    • ヘッドレスト付きタイプ|布タイプ拡大CR-G2023JIB6-W・V
  • スタンダードタイプ

    • 本革 スタンダードタイプ|本革タイプ拡大CR-G2021LQB6-W・V
    • スタンダードタイプ|布タイプ拡大CR-G2021JIB6-W・V

ページTOPへ

  • カラーサンプル

  • 寸法図

    • 拡大
    • 拡大

ページTOPへ