コクヨファニチャー株式会社
コクヨの教育空間

第2回 原西保育園 (保育園)

より良い保育のために、空間や家具にもこだわった保育園

「CampusBLOCK訪問記」第2回は福岡県福岡市の原西保育園さんにお伺いしてきました。原西保育園さんは、「つよく」「かしこく」「やさしい子」を基本理念に置きつつ、一人一人の個性を大切にし、未満児(0-2歳)は家庭的な雰囲気の中で生活習慣を身に付けることを大切にした保育、以上児(3-5歳)は就学に向けて様々なことにチャレンジし、好奇心やチャレンジ精神を養う保育が特徴的な保育園です。

1.jpg

シンプルながら存在感のあるデザイン性の高い園舎

 

お伺いした日には、2歳児クラスでお店屋さんとお客さんに分かれ、CampusBLOCKをカウンターに見立てた「お買い物ごっこ」に取り組んでいました。

先生にお話をお聞きすると、翌日の「お買い物ごっこ」本番へ向けて期待を持ってもらい、より楽しんでもらえるようにとのことでした。

 

2.jpg

CampusBLOCKをカウンターとして子どもたちにお手本を見せる先生。

 

 

3.jpg

CampusBLOCKを挟んでお店屋さんとお客さんに分かれる子どもたち。 

 

 

4.jpg

CampusBLOCKの囲われ感が子どもたちの落ち着いた作業を促すようです。

 

 

5.jpg

今回モニター応募をいただいた園長の北口先生(写真右)と2歳児を担当されている小野先生(写真左)にCampusBLOCKの使い心地についてお話を伺いました。

 

 

【小野先生】

初めて見たときは、とてもやわらかそうな印象を受けました。触ってみると思ったより硬かったのですが。。。(笑)安全にいろいろな使い方ができるという点で、2歳児でおままごと遊びをするのにとても相性がいいと思いました。

また、シンプルな形なので、子どもたちが自分たちなりに考えて使っている姿が印象的でした。今後は制作活動などでも使ってみようと考えています。

 

【北口先生】

家具選びをする上で、サイズには気を使っています。同じ年齢でも2歳になりたてともうすぐ3歳では体の大きさはかなり違ってきます。

その点、CampusBLOCKは小さすぎず、大きすぎないサイズが未満児の保育には適していると思います。大きすぎることで集中できなかったり、小さいことで安定が悪くなり転倒しまったりすることがあるので、未満児、以上児で適切なサイズの家具を選ぶことに気を使っています。

また、手入れのしやすさという衛生面も重要な要素です。ままごとのように未満児が一斉にバラバラ動く中でも安全に使え、かつちょうどいいサイズの椅子が無かったので、以前は牛乳パックを組み合わせた手作りのイスを使っていました。とても便利に使えるものではあったのですが、衛生面では課題がありました。

その点CampusBLOCKは衛生面にも配慮がされており、安定感もあるので安心して使うことができます。

今回のモニターでは少し台数が少なかったですが(笑)今後も様々な保育でCampusBLOCKを活用してみようと思います。

 

最後に、今回の訪問では見学できませんでしたが、原西保育園さんのfacebook上で、0歳児さんや1歳児さんがCampusBLOCKを使っているシーンもアップされています。

ぜひこちらもご覧ください。写真がとても素敵です。

許可をいただきましたので、一部お写真を紹介させていただきます。

 

6.jpg
7.jpg

写真上:0歳児 / 写真下1歳児

原西保育園フェイスブック https://www.facebook.com/gogoharanishi/

 

【取材先】

社会福祉法人愛児会

原西保育園

福岡市早良区小田部3-24-15

www.haranishi.jp/

 

 

2016.02.15
第1回 ネクスファ様 (学童・学習塾)
2016.06.21
変革期こそチャンス! ICTを活用し、学びをアップデート ~「市川学園 市川中学校・高等学校」事例レポート~

ソリューション

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 第2回 原西保育園 (保育園)
TOP