コクヨファニチャー株式会社
コクヨの教育空間

北陸高等学校

生徒も参画した新校舎建設プロジェクトにより、生まれた新校舎

2010年の開学130周年を機に、新校舎が建設されました。
新校舎建設プロジェクトには有志の生徒も参加し、2012年に新校舎が完成しました。
新校舎は、各フロアごとにテーマを持たせてプランニングされおり(1階...協同(展示スペース)、2階...自律(自習スペース)、階...対話(グループ学習スペース)、4階...発信(プレゼンテーションスペース))、それぞれのフロアで生徒の自主的な活動をサポートする設えが用意されています。
  • 普通教室
  • オープンスペース
  • オープンスペース
[ラーニングゾーン] 普通教室

教室には、全室白で統一されたCampusシリーズのデスク・イスを導入。 正面の黒板はプロジェクタ投影が可能なタイプを設置し、天吊のプロジェクターからの投影が可能です。

[ラーニングゾーン] オープンスペース

教室横のオープンスペースには、ガラスパーティションで仕切った教科ごとの研究室が設けられています。 教科研究室のすぐ隣にはカウンターがあり、生徒の質問や相談にいつでも教員が対応することができます

[ラーニングゾーン] オープンスペース

オープンスペースには、アクティブラーニングを行うためのキャスター付家具やホワイトボードが設置されており、生徒が自主的にいろいろな活動を行っています。

納入日:2012年8月
所在地:福井県福井市
工事概要:新棟建設

ソリューション

  1. トップ
  2. 納入事例
  3. 北陸高等学校
TOP