ユニバーサルデザイン製品

1998年、コクヨは独自のユニバーサルガイドラインを作成し、ユニバーサルデザインの普及に尽力してきました。2010年からは自治体窓口専用のユニバーサルデザイン家具の開発を開始。様々なユーザーの行動や心理状態を検証する開発プロセスを導入した製品などは、ユニバーサルデザイン関連の賞を多数受賞しています。あらゆる利用者が快適に過ごせるユニバーサルデザイン製品を、使用する空間別にご紹介します。

空間別ユニバーサルデザイン製品

  • 窓口空間
  • 待合空間
  • 市民コミュニティ

コクヨ独自のユニバーサルデザイン基準

ユニバーサルデザインの考えをさらに強く製品に反映させるため、下記3つのアプローチを、さまざまな年齢・性別・身体特性のユーザーとのワークショップによって実践し、検証を経て生まれた商品であることを示しています。

●アプローチ
1 :利用シーンに近いリアルな空間で検証します。
2 :利用者の一連の動作を検証しています。
3 :利用者の無意識のストレスを対話によって見つけだします。