納入事例一覧

  • 新庁舎構築
  • 窓口改善
  • 新庁舎構築

新庁舎でよりよいオフィスを実現するためには、3つの重要なポイントがあります。
①基本計画、②基本設計~実施設計、③工事・移転の3つの段階において、コクヨはそれぞれ以下のメニューにより利用者である来庁者および職員双方の「かいてき・あんしん・はかどり」の庁舎を実現します。
新庁舎の建設スケジュール

①基本計画面積算定

新庁舎の面積は、総務省の起債対象事業費算定基準(※現在は適応されていません)により、職員1人当り4.5㎡の基準面積に係数を掛けて合算することで事務室面積を算出する等、簡易に面積算出ができる反面、業務が多様化しているために実態に即さないという難点がありました。
コクヨは独自の調査と分析を通じて、適正なスタンダード設定によるオフィス面積の効率的な配分を図り、コンパクトながら機能的で快適な執務環境を実現します。

②基本設計〜実施設計オフィス環境整備

コクヨは来庁者と職員双方にとって望ましい庁舎を実現するために、現状の課題やニーズを調査・分析した上で空間レイアウトを作成します。 ※文書、会議室、現状オフィスレイアウト、現状オフィス備品、各課特殊要件 などを含む

オフィス計画の中心となるユニバーサルプランとは?

ユニバーサルプランとは、標準のレイアウトモジュールを設定してデスクやイス等の執務環境を標準化し、組織や人員の変更があった場合もレイアウト自体を変更することなく、人と文書だけが動くことによって対応するレイアウトプランのことです。

執務エリアでのユニバーサルプラン導入による効果

1. スペースを有効活用できる
2. 組織変更や人員の増減にもフレキシブルに対応できる
3. レイアウト変更に伴うランニングコストが低減できる

③工事・移転移転管理

新庁舎への移転時、重要なことは「利用者に支障をきたさない業務遂行」「各課および業者とのスムーズな調整」「トータルコストの削減」です。コクヨは、全体工程との整合性を考えながら、トータルで最も効率化できる計画をご提案します。それにより担当者の負担を軽減するとともに、最小のコストで最大の効果を上げることが可能です。 ※コストの最適配分やルールの確定を含む