自治体庁舎とユニバーサルデザイン

2回 3要素その(1)サイン

自治体庁舎のサインが重要である理由

そもそも、なぜユニバーサルデザインなサイン計画が求められるのでしょうか?第1回でもお話しましたが、自治体庁舎を訪れる人の多くは初めて利用する人です。例えば、引っ越してきて初めて手続きをする時、どこに行けばよいのか?目に付く場所にわかりやすいサインがあれば、職員を探して尋ねることなく、安心して窓口へ向かうことができます。その他にも、

"急いでいるから早く手続きを終わらせたい。"
"とても悩んでいることがあるから、然るべき相手に相談したい。"
―――このように、あらゆる人が、さまざまな理由で利用する場所です。
ですので、利用者が庁舎に足を踏み入れた瞬間に、

"どこに行けばよいのか?"
"まず何をすべきなのか?"
"どんな手続きが必要なのか?"

がすぐに理解できることが重要です。そのためには、見た目の可愛らしさやキャッチーさで【オンリーワン】を狙うのではなく、【あらゆる人にやさしい=ユニバーサルデザインなサイン】であることが不可欠なのです。

では、ユニバーサルデザインなサインはどうしたら実現するのでしょうか?
ポイントは【(1)表示】【(2)配置】【(3)管理】の3つです。

(1)表示:見つけやすさと区別のしやすさ

表示は、「視認性(見つけやすさ)」と「識別性(区別のしやすさ)」に分解することができます。サインの大きさや文字の大きさは、視認性に影響します。また、字体もサインに適しているものとそうでないものがあります。

UDcolumn_vol02_inline.jpg

(例えば文字の太いところと細いところの差が大きい明朝体よりも、太さが均一なゴシック体の方がサインに向いていると考えられています)

どんな色を用いるかということも、庁舎のサインにおいて重要だと考えられます。
それは、「色の見え方は人によって異なる」という理由です。通説では、男性は20人に1人の割合で何らかの色覚障害を持っていると言われています。また、高齢者に多い白内障では、視界が黄変したりぼやけたりします。
つまり、サインに使う色に関しても、なるべく多くの人が区別できる色の組み合わせを用いることが重要です。また庁舎のエリア毎にテーマカラーを設定する際も「見え方の違い」を考慮することで、色覚障害がある人でもずいぶんと識別しやすくなります。

それ以外に工夫する点としては、多言語対応があります。外国人の利用が多い自治体では、サインに英語表記を並列するなどの工夫が求められます。

(2)配置:利用者をどう誘導するか

配置とは、どこにどんなサインを配置し利用者を誘導するかということです。人が迷うポイントに、最適な内容のサインが配置されることが重要です。一般的に、サインには大別して4種類あります。
(a)案内サイン
(b)誘導サイン
(c)名称サイン
((d)規制サイン)

サインの種別で、配置の際に適した高さもそれぞれ異なります。
サイン計画のポイントは、とある目的地に対して(a)→(b)→(c)の順番でサインが配置されていることです。例えば(b)誘導サインが抜けていると、分岐があった際に迷って目的地にたどり着けない可能性があります。また、柱で空間の見通しが悪い場合は、柱にサインを配置し対応することもあります。

(3)管理:組織変更にどう対応するか

自治体は、法律の変更に伴い組織変更が生じます。特に自治体の庁舎窓口においては、変更に都度対応せざるを得ません。例えばマイナンバーの施行においては、自治体は従来の窓口を1つマイナンバー用の窓口に置き換えるなどの対策を行っていました。組織変更やレイアウト変更を考慮するのであれば、1回設置したらそれっきりのサインではなく、メンテナンスのしやすいサインを採用することが重要です。例えばマグネットなどでサインの表記部分が貼り替えできる仕様であれば、組織変更にも柔軟に対応できます。

以上の3点、【(1)表示】【(2)配置】【(3)管理】を配慮することにより、サインによるユニバーサルデザインが最大限に発揮されると考えています。

(作成/コクヨ)

コラム一覧へ戻る