1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. KASUMI倶楽部

新名古屋ライブオフィス チームと個が成長する"場"SYNCHRO TUBE

 
nagoyaLO1.png
2016年7月、コクヨの名古屋ライブオフィスが移転リニューアルし、「SYNCHRO TUBE(シンクロ・チューブ)」として生まれ変わりました。
ライブオフィスとは、1969年にオープンしたコクヨ新本社ビルが、全館を「生きたショールーム=ライブオフィス」とし、一般に公開したのが始まり。次代のワークスタイルとワークプレイスを実現し、そのリアルな様子をお客さまに公開する実験オフィスで、コクヨの社員が実際に働くリアルな空間を見学できます。
そこで今回は、新たに誕生した最先端のライブオフィス「SYNCHRO TUBE(シンクロ・チューブ)」とはどのようなオフィスなのか、ご紹介します。

■名古屋ライブオフィス「SYNCHRO TUBE」は、どんなオフィス?

nagoyaLO2.png
これまでの名古屋ライブオフィスは、グループ会社の3拠点をワンフロアに同居させ、「LINK=つながり」を強化していたオフィスでした。
これに対し、今回の新しい名古屋ライブオフィスは、以前のライブオフィスでの経験や気づきを踏まえ、「LINK=つながり」から進化させた「SYNCHRO=同期・共鳴」をコンセプトに設定。5事業会社110名が力を合わせ、より高いレベルで、より多くのお客さまの課題を解決できる場にしました。人がつながり、共鳴することで新しい働き方やアイデアが生まれることを目指したオフィスです。


■「SYNCHRO TUBE」の特徴は?

「お客様に満足いただける提案を生み出すには、どんなオフィスがいいのか」をみんなで話し合い、次の4つの視点で「SYNCHRO TUBE」を構成しました。

●個の成長     ●チームの成長
●業務生産性    ●ワークライフバランス

■具体的にどのようなスペースがありますか?

次のようなスペースを設けています。

【シンクロカフェ】
社員が集い、何気ない会話からアイデアが生まれる!
nagoyaLO3.png
カフェのような空間を実現するコクヨの家具シリーズ『DAYS OFFICE(デイズオフィス)』を中央に配し、社員が自然と集まりたくなるような場所「シンクロカフェ」を設計しました。カウンターやソファベンチを配置した居心地のいい空間を設けることで、社員同士がスムーズに会話でき、偶発的な会話の中から、新しい仕事のヒントや情報を得たり、アイデアが生まれたりします。その結果、仕事の効率や生産性のアップが期待できます。

【討議場】
発言しやすく、視点が変わるベンチでミーティングを活性化
nagoyaLO4.png
階段上のベンチを設けることで気軽に発言でき、討論が活性化するミーティングスペース「討議場」を設けました。本気の討議ができるよう、階段ベンチはお互いの顔が見えるL字型に配置しています。
さらに、2段目に座ると気分が高揚し、目線の高さが変わることから、物事を考える視点が変わるという効果もあります。

こうしたスペースのほか、社員の体型や体勢に合わせて天板を自動昇降できるコクヨのデスクシステム『シークエンス』を導入したり、リラックスしてコミュニケーションが図れる打ち合わせコーナー「シンクロテラス」を設置したりと、個人が成長することで、チームの成長へとつながる創意工夫が、オフィス内に凝縮されています。


■オフィス全体のデザイン特徴はありますか?

 デザインは、「LIKE HOME(家のように)」というコンセプトをベースにしています。多様な人が集まり、ちょっとした会話の中で情報やアイデアが得られる空間を演出したほか、素材にもこだわりました。
エントランスや打ち合わせコーナーの床などに本物の木材を利用することで、木の匂いが自然に感じられ、気持ちのよい空間で「本物」の話ができます。お客さまの課題解決では表層的なことに目を奪われがちですが、社員が常に「本物」に触れていることで、課題の本質にまで深く踏み込めるようになると考えています。


■今後の抱負をお聞かせください。

「SYNCHRO TUBE」を、お客さまに何度も足を運んでいただけるライブオフィスにしていきたいと考えています。ライブオフィスはお披露目をした瞬間から陳腐化していくものなので、空間を構築するだけではいけないと思っています。「SYNCHRO TUBE」で働いている私たちが、日々、目的をもって働いている姿や、チャレンジし続けている姿をお客さまにお見せすることで、ライブオフィスが陳腐化することなく、生き生きと進化し続けるのです。
そのためにも、「SYNCHRO TUBE」で働く一人ひとりが成長をし続け、あらゆる課題に対し、「他人事から自分事へ」と変化の兆しを連鎖させていきたいと思っています。

●名古屋ライブオフィス「SYNCHRO TUBE」のリポート動画は コチラ


〜ご見学は〜
担当営業まで、お問合わせください。

名古屋ライブオフィス「SYNCHRO TUBE」
・総面積/約887平方メートル(約268坪)
・所在地/愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋36階
TEL/052-308-5671 /
FAX/052-308-5681

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kokuyo-furniture.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2782

コメントする

カテゴリ