1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. KASUMI倶楽部

新商品オフィスチェアー『Duora(デュオラ)』とは?

職場で長時間、使用するオフィスチェアーは、執務空間の印象だけでなく、働きやすさや仕事の効率、社員の健康までも左右する重要な存在です。コクヨでは、人間工学の観点から考えた"正しい姿勢で座れるイスの3原則"をベースに、快適に座るための"もうひとつの価値"をプラスしたオフィスチェアーを提供しています。("正しい姿勢で座れるイスの3原則" については、こちら

duora1.png


kano-san.jpg
その概念に基づいて開発されたコクヨの新商品「Duora」に
いて、最新のオフィスチェアーのトレンドを踏まえつつ、ファニチャー事業本部ものづくり本部の加納隆芳さんにお話をうかがいました。


■最近のオフィスチェアーのトレンドを教えてください。

ここ数年企業は、社員同士のコミュニケーションを重視したオフィスをつくる傾向があります。結果、多様な人とコミュニケーションが取りやすいよう、ワンフロアで奥まで見渡せる執務空間が増えています。そして、空間を広く、すっきりと見せることができる、背がメッシュのオフィスチェアーを採用されることが多くなってきました。

また、ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末など、以前とは仕事で使用するツールが変化するにつれて、デスクワークの際、前傾姿勢をとる人が増加しています。その結果、肩こりや背中の痛みといった身体の不調を慢性的に感じる社員も多く、よりデスクワーク中の姿勢を幅広くサポートする機能が、オフィスチェアーに求められる傾向にあります。

こうしたトレンドを踏まえ、コクヨは""正しい姿勢で座れるイスの3原則"の概念を活かして、新商品の「Duora」を開発しました。


■「Duora」の特徴を教えてください。  

「Duora」は"正しい姿勢で座れるイスの3原則"を満たしたうえで、作業姿勢の変化や体格差に応じて最適なサポートを実現するオフィスチェアーです。

まず、ワンアクションで背もたれの下部を前方・後方の2つの位置に調整できる「ペルビックアジャストサポート」機能を搭載しています。前方の位置に調整すると、骨盤を積極的に支えて背もたれと腰の間にクッションを挟んだような感覚に。後方の位置に調整すると、背骨を自然なS字カーブに保つことができ、背もたれ全体で体圧を分散します。その結果、疲れにくい正しい姿勢をキープできるのです。
duora2.png

また、この「ペルビックアジャストサポート」機能を簡単に使えるようレバー形状にも工夫があります。使う人がより調節機能を使いやすいよう、開発段階でいくつもの形状を検証し、一番簡単に位置調節ができる形状としました。

duora3.png
■そのほか、どんな特徴がありますか? 
duora4.jpg

座面のベース層は、骨盤を支える形状となっています。
その上にクッション層を載せることで、安定した姿勢がキープでき、身体が包み込まれるような感覚が実感できます。さらに、姿勢が崩れる原因のひとつである骨盤の前滑りを防ぎ、体圧も分散されて、長時間の作業も快適に行うことができるのです。



加えて、可動肘タイプには、前傾姿勢でも後傾姿勢でも、身体に近い位置に肘当てを移動できるよう、大きく後方にスライドする動きを肘当てにプラスしました。ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末など、仕事で使用するツールが変わってきたなかで、「Duora」は作業姿勢に応じて、ワンタッチで最適な状態に調整できるオフィスチェアーなのです。
duora5.png
 
■「Duora」とは、どういう意味ですか?

「Duora」という名前は「二重奏(Duo)」は、このイスの特徴である、身体をしっかり支えるフレーム層と身体にフィットするしなやかなメッシュ層の「二層」を表現する為に名づけました。また、このような機能面だけでなく、デザイン面において、正面から見るとシンプルで端正な印象、見る角度を変えると曲線的で優美な表情を見せるという「二面性」も「Duora」という名前にこめています。

duora6.png

■カラーもバリエーション豊富ですね。

以前のオフィスチェアーは原色の張地が多かったのですが、見通しのいいワンフロアのオフィス空間になじむ新しいカラーバリエーションを追加しました。ベーシックカラーからトレンドカラーまで10色をご用意しています。
duora7.png
duora8.png
また、脚の部分は、靴の裏の汚れや革靴の墨といった汚れが付着しやすく取れにくいため、以前は汚れが目立たない黒を採用していました。しかし、汚れがつきにくい「クリーンテクトコーティング」を開発したことにより、白い脚が実現。また、本体は、白、黒、アルミ磨きの3種類をご用意しています。


こうした豊富なバリエーションにより、本体、張地、脚の多彩な組み合わせを可能にしました。オフィスの同じフロアに異なる色を取り入れることで、さまざまな雰囲気を演出できます。


■最後にメッセージをお願いいたします。

品川ショールームでは実際に「Duora」に座って、骨盤が支えられる状態を体感できます。さらに、同じフロアに異なる色のチェアーを組み合わせた様子を見ることができるので、ぜひ一度、足を運んでみてください。


Duolra詳細情報は こちら




| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kokuyo-furniture.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2662

コメントする

カテゴリ