1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. KASUMI倶楽部

『組織力を最大限に発揮する』オフィスのご紹介

 2014年12月。コクヨの品川ライブオフィスは、「SHIPP(Shinagawa Practical Place)」として、リニューアルしました。「個人の成長が企業の成長につながる」をテーマに、「組織力を最大限に発揮」するオフィスが完成。このプロジェクトの企画を担当したコクヨマーケティング 川上永(ファニチャーマーケティング企画部/営業推進グループ)に、SHIPPのコンセプトや特徴について、話を聞きました。

 

0301.png

 

 

 ライブオフィスとは、どういったものですか?

0302.png

 ライブオフィスとは、コクヨ社員が「コクヨの製品を使って、働いている様子」を見学できる、「生きたショールーム」です。
働き方の提案をしているコクヨライブオフィスでは、コクヨ社員が実際に働く最新のオフィス空間で、「働き方」がどう変わるかを体感していただきたいと、1969年よりライブオフィスに取り組んでいます。

 

 

品川ライブオフィスを昨年12月にリニューアルされました。どのようにオフィスを作りあげてきましたか?

これは当社が企業様に提案する際の流れと同じなのですが、はじめに企業のありたい姿を考え、そのありたい姿を達成する為に改善しなければいけない課題を洗い出します。そしてそれらの課題を新しいオフィスで解決するコンセプトをつくり、空間に落とし込んでいきます。
当社は"組織力を最大限に発揮できる会社"を目指しています。
そこで今回SHIPPを構築するにあたって、社内の若手を中心に約30名で「ライブオフィス構築タスクチーム」を発足し、現場の不満や課題を洗い出しました。

集約すると主な課題は2つです。

1. マネジメント改革 
2. 個人商店からの脱却 

これらの課題を解決するためにSHIPP(Shinagawa Practical Place)というコンセプトでワークスタイル変革に取り組みました。
今回は先の課題を解決する3つの空間を紹介します。

 


■情報発信場をオープンにし、社内外をつなげる(オープンベイ

 
いままでのオフィスでは、各部門内の会議等を個室の会議室で行うケースが多く、部門の状況や良い取組など社内で共有すべき内容が部門内共有に留まり、他部門への発信、共有の場が少ないという課題がありました。そこで、オープンプレゼンルーム、「オープンベイ」では、どんなメンバーがどんな内容の話をしているのかを他部門のメンバーにも自然にわかるように、あえてオープンな環境で外の通路からでも中の様子が見えるミーティングスペースとして設置しました。
また、このようなオープンな場で発表を行うことで、社員の発信力を高めることも狙っていますし、オープンプレゼンルームに隣接するライブラリーエリアではお客様へのご提案に必要な書籍、カタログ、サンプル類を集約し、部門を越えていろいろなメンバーが集まり、アイデアを練る場として位置づけています。

0303.png

 

■組織力向上のためのマネジメント変革 (ステアリングサークル)

 

リニューアル前のオフィスでは、部長を含め、部門単位で島を形成する島型対向式レイアウトで業務を行っていました。その結果、部門間のコミュニケーションが少なく、連携が必要なときだけ、部長を通じて依頼するため、各プロセスに時間がかかっていました。
そこで、社内の部門間連携のキーとなる部長が一同に介するフリーアドレス席エリア、「ステアリングサークル」を設置しました。そこではロングテーブルのワークステーションではなく、コミュニケーションがより一層図れる円形のワークステーション(ハーモニー)を採用し、オフィスの中央に設置しました。結果、部長同士のコミュニケーションが増え、スムーズに部門間の連携も図れ、スピーディーな課題解決に役立っています。
課員もグループアドレス制というグループごとのフリーアドレスを採用し、週ごとに席替えをするなど部署間のコミュニケーションを誘発する仕掛けを取り入れました。

0304.png

 

パートナー企業との連携を深める (ビジネスデッキ)

営業は、日々の活動のなかで外部パートナー様のところに訪問し、打ち合わせを行い、その場で出た課題や確認事項で即答できない内容を社内に持ち帰り、社内協議し回答していました。
そこで、外部パートナー様と気軽に打ち合わせができる「ビジネスデッキ」をSHIPP内に新設しました。このビジネスデッキでは、営業だけではなく、営業支援や 0305.png設計・エンジニアリングのメンバーとも直接やり取りができることや、打ち合わせに必要な資料を素早く揃えることができるため、課題解決のスピードアップにつながります。

 

この他にも・・・
・時間を決めて集中して仕事をするスペース"ソロセーリング"
・カタログを管理・閲覧する"ライブラリー"03060708.png
・オフィスを陳腐化させない運用ルール
などなど・・・


先に挙げた2つの課題(マネジメント改革、個人商店化からの脱却)は、多くの企業が抱える共通の課題かと思います。


品川ライブオフィス「SHIPP(Shinagawa Practical Place)」ではオフィスの課題を解決する様々なヒントが仕掛けられています。
是非、ライブオフィスにご来場頂き、ご体感していただければと思います。

 

ライブオフィスの見学予約はこちら
 

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kokuyo-furniture.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2306

コメントする