1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. KASUMI倶楽部

【コクヨの建材「2」】最新スチールパーティション「VT+」

コクヨの建材 第2回目は、最新スチールパーティションの

「VT+」を紹介いたします。

 

1.jpg

従来品よりもより美しい仕上がりの秘密を是非ご覧ください!

 

■■片寄せアシンメトリーデザイン■■

2.jpg

ガラス面を部屋外側に寄せることで、廊下面などの魅せたい面の

フラット感がアップし、シンプルですっきりとした空間を演出できます。

 

■■ガラスとパネルのスマートな連結■■

tatewaku.jpg

ヘミング曲げパネルをいかして、ガラス枠をパネル内に内包する

業界初の新デザインを採用!

高さ方向のガラス枠が露出しない、シャープなガラス面を

創り出すことができます。

 

■■国内メーカー初の連装ダブルガラス■■

wrensou.jpg

 

既存のコクヨ製品は、ガラス1スパンごとに縦枠が必要でしたが、

VT+は縦枠のない連装ダブルガラスを実現。

遮音が必要な場所でも連装ガラスの透明感ある部屋造りが可能になります。

(音響透過損失35.8dB@500Hz)

 

 ■■木調三方パネルドア■■

まずは、従来品をご覧ください。

jyuuraihinn.jpg

「1」ドアパネルが面落ち(他のパネルより下がっている)

「2」ドア枠・設備パネル・ガラスが完全に分断された

   パーティション然とした納まり

それに対して、VT+は、

sanpouwaku.jpg

造作でしかできなかったフラットな高級感を実現!

「1」ドア枠と一体化した設備パネル

「2」フラット納まりによるガラス面との連続性

 

■■片寄せガラスドア■■

こちらもまず従来品をご覧ください。

doorjyuuraihin.jpg 

「1」ドアパネルが面落ちするガラス窓タイプの納まり

「2」ガラスを強調したテンパー扉では遮音が担保できない

そてに対してVT+は

door2.jpg

ガラスの透明感とフラットな高級感

「1」フラットガラスの透明感を強調するスリムな框

「2」遮音も考慮した枠取り合い及びボトム形状

 

今回は以上になります!

より詳細なご説明、ショールーム・工場見学などのご希望をお待ちしております。

お問い合わせは下記までお願いいたします。

 

-------------------------------------------------------------

コクヨ株式会社 

KASUMI倶楽部担当

e-mail:fn_info@kokuyo.com

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kokuyo-furniture.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1097

コメントする

カテゴリ