1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. KASUMI倶楽部

弊社社員が見た5月からの東北の様子

【5月】
仙台市内にあるオフィスに着任。
仙台駅は人も疎ら。
駅弁・土産店は品薄の状態。
市内でも道路の至る所で復旧作業中であった。

1.JPG

女川町の様子 (5月7日撮影)

2.JPG

女川町の様子 (5月7日撮影)

 

【6・7月】
テナントに入居している企業は、
復旧対応と並行して現状のオフィス環境の見直しを行っていた。
また、より安全を求めてビルの上層階から下層階への移転や
耐震性の優れたビルへ移転する企業も増加した。

沿岸部については津波による被害が甚大で、まだまだ手付かずの所が多い。
道路の瓦礫を処理して車が通れるようにした程度か、何も無くなったまっさらな状態。

そんな中でも震災の影響でオープンを延期していた
都市型の商業施設「EDEN」や「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」が
7月22日に仙台市内にオープンした。

弊社は緊急支援物資の寄付を主に官公庁、病院、学校などの公的機関へ行っている。
今後は仮の病院、仮校舎などの計画のお手伝いから、街づくり計画など地域に密着した活動をしていく。

3.JPG

女川町の様子 (8月3日撮影)

4.JPG

女川町の様子 (8月3日撮影)

5.JPG

女川町の様子 (8月3日撮影)

6.JPG

仙台市内 (8月5日撮影)

7.JPG

仙台市内 (8月5日撮影)

8.JPG

仙台市内 (8月5日撮影)

 

今後も、弊社の全国の拠点間で連携を取りながら、色々な場所でお役に立てるように
模索しながら努めてまいります。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

コクヨ株式会社 

KASUMI倶楽部担当

e-mail:fn_info@kokuyo.com

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kokuyo-furniture.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/788

コメントする

カテゴリ