1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. KASUMI倶楽部

ネオコン・ワールド・トレードフェア2011 in シカゴ

 

neocon01.JPG

 

ネオコン・ワールド・トレードフェア2011(以下、ネオコン)に行って参りました!

<ネオコンとは>
年に1回、シカゴ マーチャンダイズマート(上記写真)で開催されており、
2年に1回、ドイツで開催されるオルガテックと並ぶ世界最大級の家具の展示イベントです。

今年は6月13日〜15日に開催されました。
マーチャンダイズマートは家具メーカーや内装材メーカーのショウルームが集まっている建物で、
総床面積が390,000?という桁違いなスケールをもつ商業ビルディングです。

ネオコンにおいては大手メーカーが既設のショールームにて一斉に新製品を展示する一方、
既設のショウルームが無い企業は特設フロアにブースを出展しています。

残念ながらコクヨは出展をしておりませんでしたが、
世界中から数多くの関係者が集まってきます。
(出展企業数 700社以上 来場者40,000人以上)
また、各社のプロトタイプが数多く展示されたり、関連セミナーが多数開催されたりと、
単なる商業目的だけではなく、業界関係者の学びの場としての色合いが濃いことも特徴と言えます。

実際に展示されていた製品の写真は掲載できませんが、
各社のブースを見学して感じた今年のトレンドは以下のとおりです。

【ワークステーション】個人ブースは収納一体化のものが一般化、
             大型ロングテーブルタイプのワークステーションにおいても
             机上オプションや仕切りなど、個人執務環境の充実が図られています。

【チェアー】        ライトなデザインの体重感知機能タイプや
               フルスペックのローグレード〜ミドルグレードが主流となってきています。

【その他】        オフィスの一角で使われるラウンジ家具の充実などコラボレーションの
               重要度が高まっていることがうかがえますし、
               医療機関用、教育機関用の家具の充実度ぶりが目立っておりました。 

 

<建築の街『シカゴ』の紹介>

シカゴはニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ全米第3の大都市であることは広く知られていますが、
全米No.1の高さを誇るウィリスタワー(旧シアーズタワー)やジョン・ハンコックセンターなど、
世界的に有名な高層ビルが数多く立ち並び、建築好きの人には何日いても飽きない街としても有名です。

 

neocon02.JPG 

 

全米No1の高さのウィリスタワーでは103階が展望フロアになっており、
そこでは壁も床もアクリルでできたブースが突き出ており、
迫力・スリル満点の光景を楽しむことができます。

neocon05.JPG        neocon06.JPG

 

また、ル・コルビジュエ、フランク・ロイド・ライトとともに
近代建築の三大巨匠の一人として著名なミース・ファン・デル・ローエの
設計したビルのロビーには、彼の代表作であるバルセロナチェアがさりげなく置かれており、
思わず覗き込んで写真撮影をしてしまいましたが、ビルのセキュリティの方からは
「あなたみたいな人が毎日来るよ」とすっかり慣れっこになっていました(笑)

01.JPG

 さらにシカゴ郊外のオークパークという町には、旧帝国ホテルの設計者として日本でも知られている
フランク・ロイド・ライトが19世紀末から住んだ自宅や工房、
そして彼が設計した住宅の数々や教会などが残っており、
ここもまた世界中からライトファン、建築マニアが集まってきています。

 

02.JPG

 

<魅力の多い街>

その他、シカゴは数多くの映画に登場する街としても有名で、
現在公開されている「トランスフォーマー」の最新作の舞台にもなっておりますが、
「アンタッチャブル」の有名なクライマックスシーンであるユニオン駅の階段や、
「バックドラフト」で主人公の兄弟が勤務していた消防署も、この街にあります。

03.JPG

他にも大リーグの球場として全米で2番目に古いリグレーフィールドや、
全米三代美術館にあげられるシカゴ美術館、
さらに今世紀になって街の中央にオープンしたミレニアムパークなど、
まさに街そのもの、建築物、施設を見るだけでも、
何日いても飽きることがなく、すっかりシカゴの街に魅せられてしまいました。

 

04.JPG

 

その魅力について詳しく語れば語るほど社内では「何しに行ってきたのか?」
と言われてしまいそうで(笑)割愛いたしますが、是非機会があれば訪れてみてください。

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kokuyo-furniture.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/775

コメントする

カテゴリ