1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. MO-RUM > 
  4. MO-RUM ブログ

伝統を革新する街:京都

KyotoNationalMuseum.jpg

この春にSAIBIの撮影でお世話になった京都国立博物館で開催している、琳派展を観に行ってきました。

IT技術のおかげで、SAIBIの撮影では遠隔地からFaceTimeで参加してアングルを決めたりしたので、実はここを訪問するのは今回が初めてでした。我ながら空間認識は画面を通してでも意外とできていたなぁとは思いましたが、やはり本物の建築空間は何物にも代え難い体験です。

琳派展は、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一がそれぞれ描いた風神雷神図3作品が一同に会した展示が圧巻でしたが、思えば琳派も京都という街も伝統を革新するチャレンジを常に繰り返しているところが時を経ても褪せない魅力を放ち続けている最大の理由なのではないかと思います。

古いものも古いままではなく、そのもの自体も革新しながら新しい文化も採り入れる。そんな行為が京都には連綿と続いているような気がして、行くたびに新しいことに出会えるので何度でも足を運びたくなる街です。

オフィスの歴史はまだまた浅いですが、常に働き方を革新しながらより良いワークライフを提供できるような家具を産み出したいと、日々格闘中です。

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/saibi/gallery/