1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. MO-RUM > 
  4. MO-RUM ブログ

家具デザイナーになれました?

10月1日に2013年のグッドデザイン賞が発表されました。
コクヨファニチャーからは5商品、1サービスの受賞となりました。


その中の一つ、事務用回転椅子のPUNTO(プント)を今回、私が担当しました。

punto001.jpg

punto002.jpg

今回、何よりも嬉しかったのが、受賞商品に対する審査委員のコメントでした。


私は、コクヨファニチャーに入社して、今年で10年目になります。それまでは、デザイン事務所でデジタル製品や家電製品、医療機器、産業機器など、様々なプロダクトのデザインを手がけていました。しかしながら、家具は全くと言って良いほどデザインしたことは無く、逆にそれを逆手に取って、家具以外のデザイン手法やエッセンスを盛り込んで、何か新しい家具のデザインを確立できないものかと、これまで試行錯誤してきました。きっと、家具専門のデザイナーからは「そんなの家具じゃない!家具なんて認めん!」なんて、いつか怒られるんだろうな・・・なんて思いつつも・・・。なので、今回、審査委員からの『(途中省略)オフィス家具製品というよりも家具としての「らしさ」がある。』と、言うコメントを頂いた時は、何か自分もようやく家具デザイナーとして認められたような、自分なりの家具デザインのやり方が1つ完成したような気がして嬉しかったです。

プロダクトアイデンティティーのコーナーにPUNTOの開発ストーリーがアップされましたので、そちらも併せて、ご覧下さい。