フリーアドレスの謎編

第3話 フリーアドレスのプランニングの巻
4コマ漫画 解説

「自然」と人が行き交うことが本当のコミュニケーション。

フリーアドレスオフィスになり、大満足の課長とつくる君。しかし、研究職の社員から使いにくいと不満が…。
そこで、個人集中用のオフィスを別に新設するも今度は企画職の社員から不満が…。
職種や業種によって、仕事の仕方は変わります。
集中ブースなどを併用するなどして、企業の特性にあったフリーアドレスオフィスをプランニングしましょう。

プランニングのポイント
職種によって働き方はちがう。フリーアドレスの導入はその見極めも大切。
職種の働き方の見極めに応じて集中と解放の混在を考慮。これがユニバーサルプラン
将来を考えて、柔軟に変更可能な家具の選択を。
コミュニケーションに適したラウンドタイプ

コミュニケーションに適したラウンドタイプ

外出・離席が多いワーカー向け。デスクトップパネルを使えば、集中ワークにも対応できます。

固定席

固定席

フリーアドレス向きな丸テーブルも、多彩なオプションで固定席に早変わり。

オフィスレイアウト

ミーティングに適したハイタイプ

スツールとの併用で、立ち姿勢と同じ高さの目線が確保され、気軽なコミュニケーションが誘発されます。

ミーティングに適したハイタイプ

個人集中ブース

時間を区切り、短期集中業務をこなす空間。パーティションや間仕切りを利用。

個人集中ブース
私物は個人用ロッカーへ。フリーアドレスの必需品です。
実は、人があつまるロッカーコーナーもコミュニケーションの場なのです。

スペース効率編で説明した不必要書類の廃棄をした後でも最小限の私物は必要です。フリーアドレスで欠かせない個人ロッカー。ワーカーの導線をよく考慮した上での設置場所をうまくプランニングしましょう。

ロッカー
メールボックス

メールボックス

社員個人宛の封書やDMなどを受け取ることができます。

コンセント

コンセント

コンセントを付ければ保管の間も充電できます。

オートダイヤルロック

オートダイヤルロック(ゼロックE)

4桁の暗証番号を揃えると解錠し、扉を閉めると自動的に施錠されます。キーレスで、常時施錠の環境を実現。

関連商品はこちら
ワークステーションシステム
ワークステーションシステム
組織変更に対応できる大型テーブルから、快適な個人環境を構築できるものまで、様々なワークステーションをご紹介しています。
お問い合わせ